Constructure

Home > 業務案内 > 建築用板ガラス > セントラル硝子社製品のご紹介 : ペアレックス

セントラル硝子社製品のご紹介

複層ガラス「ぺアレックス」

#

複層ガラスは通常2枚の板ガラスをスペーサーにより一定間隔に保持し、周囲を封着材で密封して内部の空気を常に乾燥状態に保った断熱性の高いガラスです。

特徴

すぐれた断熱性

複層ガラスは、2枚のガラスの中空層の空気によって熱が伝わりにくくなり、大きな断熱効果が得られます。これにより大きな省エネルギー効果が得られます。

快適空間をつくりだす

冬、暖房をしているのに、窓際では顔や手など素肌が冷たく感じることがあります。これを冷輻射といいます。複層ガラスなら、外側のガラスが冷えきっても、中空層の空気の効果によって冷気が室内側に伝わりにくくなります。そのため冷輻射は減少し、不快感が少なくなります。

結露しにくい

冬の寒い朝。窓ガラスが室内側から曇ったり、水滴がつくことがあります。これを結露といいます。複層ガラスの窓なら、たとえ室外側のガラスが冷えても、中空層の断熱効果によって室内側のガラス表面の温度が下がりにくいため、結露しにくくなります。