Constructure

Home > 業務案内 > 建築用板ガラス > セントラル硝子社製品のご紹介 : テンパレックス

セントラル硝子社製品のご紹介

強化ガラス「テンパレックス」

事例

強化ガラスは、板ガラスを軟化点(650度~700度)近くまで過熱したあと、空気を均一に吹きつけ冷却し、ガラス表面に圧縮層を持たせたガラスです。普通の板ガラスに比べて強度も高く、また万一割れても破片は細粒状になり安全性の高いガラスです。

特徴

強度

普通の板ガラスに比較して3~5倍の衝撃や風圧などの荷重に耐える強度を持っています。

耐熱性

急激な温度変化に対し、普通の板ガラスに比べて数倍の耐熱性があります。

安全性

万一破損しても破片が細粒状になり、普通の板ガラスのように鋭い破片が生じないので破片による負傷が大幅に減少します。

JIS認定

強化ガラスはJIS認定工場で製造しています。強化ガラスはマークのついた商品をご採用ください。

主な用途

1.一般建築物の窓、間仕切り
2.階段まわりの手すり、エスカレーターの腰板
3.自動車、車両、船舶の窓
4.温水器、インテリア、家具
5.ガラステーブル、ショーケース