Constructure

Home > 業務案内 > 建築用板ガラス > セントラル硝子社製品のご紹介 : スカイクール

セントラル硝子社製品のご紹介

高性能熱線反射ガラス「スカイクール」

事例

熱線反射ガラスは、ガラスの表面に金属または金属酸化物などの膜をコーティングすることで、反射によるミラー効果を持たせ、建築物に新たなイメージを吹き込みます。スカイクールは、「スパッタリング法」で板ガラスの表面に金属または金属酸化物などの膜を均一にコーティングした高性能熱線反射ガラスです。クールな感覚の色調とミラー効果を持つため、壁面に周囲の環境を映し込み、まさに風景を身にまとったような不思議なイメージの建物をつくり出します。また、すぐれた日射遮蔽性能による冷房負荷の大幅な軽減など、省エネルギー効果を実現することができます。

特徴

多彩な色調

設計コンセプトやイメージを思いのままに、よりクリエイティブに表現できる14色のカラーバリエーション。タイル、コンクリート、天然石など各種外装材とも調和して、建物にまったく新しいイメージを与えます。

印象的なミラー効果

ユニークなミラー効果によって、周囲の風景は建物壁面に映し込まれ、また建物自体もその環境の中にとけ込むように調和します。さらに、季節や天候など自然の折々の変化が壁面に映し出され、建物により一層強い印象を与えます。

アメニティな室内環境

可視光の透過と反射を適度にバランスさせるため、太陽の直射光を遮りまぶしさをやわらげて快適な室内環境をつくり出します。

すぐれた省エネルギー効果

日射エネルギーの遮蔽性能は、透明フロート板ガラスと比べて約2~4倍(品種により異なります)。そのため、特に冷房負荷の面 で設備費や運転費の軽減が可能です。

プライバシーを守る

コーティングされた膜によって、可視光が反射されるだけでなく、透過も小さく抑えられますので外部の視線を遮ってプライバシーを守ります。

主な用途

1.オフィスビル、ファッションビル、ホテルなどの商業施設
2.博物館、美術館、図書館、公民館、文化センターなどの公共施設
3.スポーツ施設や映画・演劇などの各種カルチャー施設