Constructure

Home > 業務案内 > 建築用板ガラス > 製品紹介 : 強化ガラス・セラミックプリントガラス

製品紹介

イケダの強化ガラス・セラミックプリントガラス

強化ガラス

強化ガラスロゴ

圧縮には強いが引っ張りに弱い、という板ガラスの欠点を補うため、板ガラスを加熱し、一気に冷却することでガラス表面に圧縮層を持たせ、強度を高めたガラスです。これにより曲げ強度や衝撃強度は処理前の板ガラスにくらべて 3 ~ 5 倍になります。また万一破損しても細かい粒状の破片となるため安全性にも優れています。

強化ガラス構成表

セラミックプリントガラス

フロートガラスの表面にセラミック塗装をシルクスクリーン印刷し、加熱焼成したガラスです。高いデザイン性により視界や光をコントロールし、快適な空間をつくります。熱処理加工の為、強度が大きく安全性も高いガラスとなります。

デザインパターン構成表
ストライプパターン ドットパターン

強化ガラス・セラミックプリントガラス 設計・施工・使用上のご注意

  • 製造後の切断及び孔あけ、面取り、曲げなどの加工は出来ないため、寸法・形状は正確にご注文下さい。
  • 網入、線入ガラスを強化ガラスに加工することは出来ません。
  • 強化ガラスは表面に深い傷が入ると破損することがあります。
  • 強化ガラスは熱処理をしているため、通常の板ガラスと比べて反射映像の歪みが大きくなります。
  • 強化ガラスはごくまれに外力が加わっていない状態で不意に破損する事があります。
  • 強化ガラスは表面がフロート板ガラスに比べ、傷つきやすいためクリーニングの際にはご注意ください。