Constructure

Home > 業務案内 > 建築用板ガラス > セントラル硝子社製品のご紹介 : ラミレックスソネス

セントラル硝子社製品のご紹介

高性能防音合わせガラス「ラミレックスソネス」

ラミレックスソネスは、2枚の板ガラスの間に特殊中間膜をはさみ、加熱圧着した合わせガラスです。板ガラス特有のコインシデンス効果 ※ による遮音性能の低下は、この中間膜によってカバーされるため、あらゆる音域での遮音性能を実現します。
※板状の材料の遮音性能で、特有の周波数帯域で透過損失が小さくなる(遮音性能が低下する)現象をいいます。

特徴

すぐれた遮音性能

ラミレックスソネス30(呼び厚さ6mm)、ラミレックスソネス35(呼び厚さ12mm)は、いずれもJIS A 4706(サッシ)の遮音性30等級および35等級をクリアした遮音性能を発揮します。

安全性、防犯性

合わせガラスなので、万一割れても破片は飛散したり脱落しにくくなっています。また中間膜は、耐貫通性も高いため防犯にも効果的です。

紫外線カット性能

中間膜は、紫外線をカットする性能も兼ね備えています。99%以上もの紫外線をカットするため、室内側にある物の褪色などを抑制する効果があります。(ただし変色、褪色は可視光線、熱、化学物質などによって生じることもありますのでご注意ください。)

主な用途

1.騒音の激しい道路、鉄道沿線、空港周辺の住宅、ビル、学校
2.オーディオルーム、ピアノ室など
3.図書館、美術館など