Safety&Saveenergy

Home > 業務案内 > 安全性と省エネ性

安全性と省エネ性

年々高まるガラスの省エネルギー性と安全性に的確に対応

イケダガラスグループは、ガラス業界最大のテーマである省エネルギー性と安全性にいち早く着目。企業の視点から環境問題をとらえ、時代と社会のニーズに応える製品をつくりだしています。

省エネルギーガラス

複層ガラス

安全性と省エネ性

複層ガラスは、通常2枚の板ガラスをスペーサーにより一定間隔に保持し、周囲を封着材で密封して内部の空気を常に乾燥状態に保った、断熱性の高いガラスです。 室外側ガラスの中空層側に特殊金属膜(Low-E膜)をコーティングした板ガラスを使用したタイプは、断熱性能と日射熱軽減性を兼ね備えた複層ガラスです。

安全性と省エネ性
用途

1 オフィスビル、ホテル、病院、住宅
2 工場、コンピューター室
3 冷凍ショーケースなどの什器
4 車輌、船舶などの窓

安全ガラス

合わせガラス

2枚または数枚の板ガラスの間に、透明で接着力の強い中間膜を挟み込み、加熱圧着で貼り合わせた安全性の高いガラスです。万一強い衝撃を受けて破損することがあっても、ひび割れだけですみ、破片の飛散が防止されます。中間膜を更に強靱にしたタイプは防犯ガラスとして、より耐貫通性に優れ、安全・安心な住宅づくりに役立ちます。

用途

1. 建築物の窓、トップライト、ベランダのフェンス
2. 防犯性が要求される窓、間仕切り、フェンス
3. 店鋪のショーウィンドー、ショーケース

##

合わせガラスの割れパターン

強化ガラス

板ガラスは圧縮には強いが引っ張りに弱い、という欠点があります。
この欠点を補うため加熱炉より出たガラスを急冷し、ガラス表面に圧縮層をもたせたのが強化ガラスです。これにより曲げ強度や衝撃強度は処理前の板ガラスにくらべて 3 ~ 5 倍になります。また万一破損しても細かい粒状の破片となるため安全性にも優れています。

用途

1. 一般建築物の窓・間仕切り
2. 自動車・車輌・船舶の窓
3. 階段周りのフェンス・エスカレーターの腰板
4. 温水器・家電・インテリア・家具
5. ガラステーブル・ショーケース

強化ガラスの破片強化ガラス利用例

強化ガラスの破片

イケダガラス独自商品ラインナップ

Low-E複層ガラス

#

Low-Eガラス(特殊金属膜をコーティングした低放射ガラス)を用いて断熱性能に加え、優れた遮熱性能をもった複層ガラスです。

ガス入り複層ガラス

#

中空層に特殊ガスを封入することで断熱性能を高めた断熱複層ガラスと遮音性能を向上させた防音複層ガラスの2タイプがあります。

イケダ防音合わせガラス

#

2枚のガラスの間に特殊中間膜を挟み込んで高い遮音性能を発揮する合わせガラスです。紫外線カット効果や防犯性能にも優れています。

イケダ防犯ガラス

#

合わせガラスに使用されている特殊樹脂膜を厚くし、防犯性能を高めたガラスです。官民合同会議による「防犯性能の高い建物部品目録」に登録されています。

学校用強化ガラス:スクールSGT

#

スクールSGTは安全性が必要とされる学校や公共施設に向けて開発された強化ガラスです。フロート板ガラスの3~5倍の強度があり、万一、破損した場合でも破片が細粒状になるため大きな傷害事故を防げます。

耐熱強化ガラス:ファイブスター

#

フロート板ガラスに特殊な強化処理をし、耐熱性を高め「防火設備」として認定されたワイヤレスのガラスです。