Industrial

Home > 業務案内 > 産業用加工ガラス > 使用事例紹介 > 冷凍・冷蔵ショーケース

産業用加工ガラス

冷凍・冷蔵ショーケース

冷凍・冷蔵ショーケース

コンビニエンスストアなどの冷凍食品やジュース売場で使用される冷凍ショウケースは、内部約-10℃、外部約+20℃となります。通常この状態ではガラス面は温かい側が曇ってしまいます(冬の窓ガラスなど、家の中から絵が描けますね?)。冷凍・冷蔵ショウケース用には複層ガラス(ペアガラス)を使用することで曇りを止め、いつでも内部の様子が見えるようにしています。

信頼の供給力

大手流通業社向けガラス部品の大量需要があった際、発注者は分割発注を企画。他ガラス業者が受注をためらう中、当社だけが一括受注を回答しました。途中計画変更により、当初予定の1.5倍にまで数量 が増加しましたが、100%の納期・品質を確保し、相応の信頼を勝ち取りました。その後、決断力・実行力・価格力を評価され、特に特需商品・新規部品は一括受注をいただけるようになりました。