About us

Home > 会社案内 > 沿革

沿革

イケダガラス株式会社

1968年3月 池田硝子工業所砂町工場を譲受
池田化成株式会社を設立
1969年4月 池田特殊硝子株式会社に商号変更
目黒営業所開設
補修用自動車硝子部門進出
1971年4月 「イケダガラス株式会社」に商号変更
池田硝子工業所の営業部門を合併
狭山営業所開設
1972年10月 本社新社屋落成
1979年4月 太田営業所開設
1989年11月 太田営業所新築移転
1990年6月 本社ビル新築
1992年6月 狭山営業所を旧狭山工場跡地へ移転
12月 各営業所を支店に改称
2009年5月 オリジナルブランド「イケダ防犯ガラス」取り扱い開始

株式会社池田硝子工業所

1943年4月 神田錦町にて池田徳次商店として発足
1946年8月 現在地に移転
1949年6月 曲硝子工場新設
1952年4月 改組「池田硝子工業所」設立
1957年6月 砂町工場新設
1959年3月 砂町工場に化成部新設
1960年7月 横浜営業所開設
1963年2月 日本工業規格表示許可工場第9199号となる(平面強化ガラス)
6月 セントラル硝子と特約店契約
1965年3月 狭山第一工場開設
1966年12月 狭山第二工場完成
1968年3月 砂町工場分離池田化成株式会社を設立
のちイケダガラス株式会社と商号変更
1969年3月 太田工場開設 以後拡張を繰り返し現在に至る
1971年4月 営業部を分離 イケダガラス株式会社へ統合
1978年5月 狭山工場に水平強化炉完成
1979年8月 日本工業規格表示許可工場となる
(自動車用安全ガラス)
1980年3月 日本工業規格表示許可工場となる
(複層ガラス)
1981年2月 川越工場開設 大型水平強化炉完成
11月 日本工業規格表示許可工場となる(強化ガラス)
1985年9月 川越工場増設 小型水平強化炉完成
10月 川越工場 大型水平強化炉(建築用)完成
1989年12月 川越工場ウォータージェットマシン設置
1992年2月 アイエスジ-株式会社設立
4月 川本工場竣工 複層ガラス生産開始
5月 川本工場 強化ガラス生産開始
6月 狭山工場を川本工場へ移転
川本工場 合わせガラス生産開始
1993年5月 川本工場日本工業規格表示許可取得(強化ガラス)
11月 川本工場日本工業規格表示許可取得(複層ガラス)
12月 川本工場日本工業規格表示許可取得 (合わせガラス)
1998年3月 社債(第1~3回)発行
2002年3月 社債(第4回)発行
9月 川本工場 大型印刷機導入
2004年5月 社債(第5回)発行
2005年5月 太田工場 ISO9001 : 2000認証取得
10月 川越工場、川本工場とISO14001:2004認証合同取得
2006年2月 川本工場強化炉更新
川越第二工場開設
2007年5月 社債(第6回)発行
川越工場ヒ-トソ-ク炉増設
11月 川越工場 新JIS認証取得(平面強化ガラス)
2008年4月 川本工場新JIS認証取得
(平面強化・複層・平面合わせガラス)
2010年5月 社債(第7回)発行
12月 株式会社池田硝子工業所、アイエスジ-株式会社を合併
2012年11月 太田工場南工場開設
2013年5月 社債(第8回)発行