Topics

Home > トピックス: 防犯ガラス「ハイレンド」のお見舞金制度のご案内

トピックス

防犯ガラス「ハイレンド」のお見舞金制度のご案内

2002.03.11

防犯ガラス「ハイレンド」紹介ページへ

◆お見舞金制度の内容

防犯ガラス「ハイレンド」を購入したお客様に対して、購入後5年以内に「ハイレンド」が侵入盗により破壊され当該箇所より侵入盗が侵入し盗難の被害が生じた場合に、盗難お見舞金制度約款に基づき盗難お見舞金を支払う。

(1)お見舞金

「ハイレンド」が破壊され、当該箇所より侵入盗が侵入しお客様が対象建物内の家財の盗難被害を被った場合に、その損害の額に対して、当社が予め指定した防犯グレードに応じた金額を限度として盗難お見舞金を支払う。

防犯グレード お見舞金支払限度額
ハイレンド30 10万円
ハイレンド60 20万円
ハイレンド90、ハイレンドスーパー 30万円
「ハイレンド」の破壊が不十分で他の手段により侵入され盗難被害を被った場合、破壊されたが未遂の場合、または盗難被害を被ったが他の保険等により補填を受けた場合には、お見舞金として1万円を支払う。

(2)有効期限

有効期限は、購入日から5年間。(お見舞金制度約定証書に記載された購入日から5年間)

(3)お見舞金制度の対象

1.購入者:一般消費者、法人
2.戸建住宅、分譲集合住宅(マンション)、商業ビルのテナント

※賃貸住宅は基本的に対象外とするが、賃借人が自費でガラスを取り替えた場合は対象とする。ワンオーナーのビルの場合は何階建てであっても1件とする。

(4)お見舞金請求者

お見舞金制度約定証書に記載の購入者本人とする。

(5)お見舞金の請求手続き

1.「ハイレンド」お見舞金申請書
2.所轄の警察署に対する盗難届の証明書
3.防犯ガラス「ハイレンド」の破壊状況が確認できる写真
4.盗難被害の損害額算出に必要な被害額を証明する資料
5.「ハイレンド」お見舞金制度約定証書の写し

(6)お見舞金の請求期限

お客様が盗難被害を被った日から30日以内に当社に対し請求した場合に限りお見舞金を支払う。30日を超えた場合は無効とする。

(7)お見舞金を支払わない主なケース

1.故意、重大な過失または法令違反により盗難が発生した場合。
2.地震・噴火・風災・水害・雪害その他の天災の際に盗難が発生した場合。
3.所轄の警察署への被害届がない場合。
4.「ハイレンド」が破壊されず、他の手段により侵入盗が侵入し、盗難被害が発生した場合。

(8)お見舞金制度の仕組み

#

お客様からセントラル硝子(株)に登録ハガキが到着するとお客様をカスタマーとして登録する。その上で、所定の事項(購入者氏名・購入日等)を記載したお見舞金制度約定証書、お見舞金申請書、お見舞金制度約款がお客様宛てに送付される。

※購入日は基本的に登録ハガキの消印日とする。(消印が読み取れない場合はハガキの到着日とする。)ただし、ハガキの消印日と当社が出荷した日との乖離が2年以上の場合は、出荷日に遡って購入日とする。
※お見舞金の支払い期間は、ハガキの消印日以降かつ購入日(出荷日)から5年間とする。
※「ハイレンド」には防犯グレード別にマークを打刻する。

◆実施時期

平成14年4月1日出荷分より(当制度実施日以前に販売したものも対象とする)